廉之介のブログ

30代でサラリーマンをしながら日々感じることを書いています。

タバコをやめるコツ

こんにちは。廉之介です。
今、国会では飲食店で全面禁煙の法案が審議がされてますね。私はタバコを吸わないので、この法案は早く施行されてほしいと期待しています。
全面禁煙になったら商売が~、みたいなことテレビでよく見るけど、これまでタバコが嫌で来なかったお客が来る可能性があるから、心配してる程飲食店の売上も下がらないんじゃないと思う。むしろ上がるんじゃないかな?全体から見て喫煙者の方が少ない訳だし。

 

とか言う私も以前はタバコを吸っていました。25歳でやめました。やめる前は1日1箱弱くらい吸ってました。今ではもうタバコの臭いがキツいと感じるところまでなりました。

 

やめた理由は単純にタバコの値上げがきっかけです。その後も上がり続けるとも言われてましたし、早めに離脱した方が良さそうな気がしたので。
もちろんニコチンパッチなども使ってません。禁煙セラピーも読んでません。

 

そんな訳で、今日は私がタバコをやめた方法を紹介したいと思います。

 

タバコをやめるために何をするか

一言で言うと、「自分をコントロールする」=「気合い」という話にしかなりません!笑

具体的にやること

  1. 1mgのメンソールタバコに変えて空気を吸ってる感じに慣れる(期間は適当。約1週間位で十分)
  2. タバコをやめてミンティアを持ち歩く。ミンティアはクールのやつ。吸いたくなったらミンティアを食べてメンソールを感じながら 深呼吸をする。
  3. 慣れたらミンティア無しで深呼吸する。
  4. これで既にやめている状態。

 

正直、タバコをミンティアに変えたりすることはタバコをやめようしている人は1度はやったことあるかと思います。
後はこれを継続させるだけですね。

なのでそのモチベーションの維持の仕方について自分の経験をお話したいと思います。

 

・リラックスさせてるのはタバコじゃない!深呼吸してるからだ!と思い込む
タバコを吸うとリラックスすると言います。もちろん足りなくなったニコチンを補充するということもあると思いますが、私は単純に落ち着いた場所で深呼吸しているからだと考えています。理屈として実際には多くの有害物質を吸い込んでいるので体としてはストレスが増加しています。気分転換になっているのは深呼吸がそうさせているのだと考えましょう。
本当の理由なんかは何でもいいのです。そう思い込みましょう。外で数回深呼吸するだけで意外とスッキリするものです。

 

・どうしても吸いたくなったら買ってもいいけど1,2本吸ったら捨てる
禁煙が続くと吸いたい気持ちが強くなりってきます。どうしても吸いたくなったら買ってもいいです。その代わり吸い終わったらすぐに捨てましょう。私は禁煙中、寝る前に買って捨てたタバコを朝起きてゴミ箱から出して吸った経験から、吸い終わったら水で濡らして吸えなくしてからゴミ袋に入れるようにしました。1本400円(当時の価格)で吸いたければどうぞというルールを決めました。
人から貰うのはダメです。そんなことしてたら乞食呼ばわりされてしまいますよ。

 

・禁煙は連続日数だけにこだわらなくてい

もちろん最後まで吸わずにやめるのが1番ですが、最終的な目的はどうであろうとやめること。やめ方や経過なんてのは二の次です。
上にも書いた通り、禁煙中に吸いたくなって吸ったとしても喫煙頻度は下がっているので数日間でもやめていたことは無駄になっていません。体にはいくらかプラスになっています。途中に吸ってしまったら次の禁煙をすぐスタートするだけの事です。
「意志弱いな笑 」とか煽られても華麗にスルーしましょう。

 

・喫煙所で得られる情報なんて他で普通に取れる
「喫煙所は情報交換の場」みたいなことも言われたりします。私も会社に入ったばかりの時はそれも考えていましたが、実際仕事に必要な情報は業務の中でも十分手に入ります。必要な情報は自分から取りに行けばいいのです。喫煙所を特別視するのはやめましょう。

 

・ランニングする
余裕があれば運動しましょう。タバコ吸ったら心肺機能が低下するので、せっかく走ったても無駄になってしまいます。私はこの時期ジョギングを始め、せっかく走ったことを無駄にしないためにも吸うのはやめとこう、と思いながら禁煙を続けました。

 

 

私も若い頃から何回も禁煙に失敗しましたが、上に書いたような考え方を持つことでやめることが出来ました。
これからタバコをやめたい人にとって少しでも参考になればと思います。