ゆとりを追い求めるパパのブログ

時間、お金、気持ちにゆとりが欲しいパパの雑記ブログ

契約している個人年金を継続するべきかどうか考えてみました

iDeCoの申し込みに向けて進めると同時に、我が家の資産状況についても見直しすることにしました。

新しく積み立てをするにあたり、他の資産で無駄なものがあればそれをiDeCoに回せますので。


見直しを始めて気になったのが毎月積み立てをしている個人年金

今回は僕が加入している個人年金について、積み立てを続けていくべきかどうか調べてみたいと思います。

35年積み立ての個人年金に加入

個人年金の積み立ては僕が独身時代に始めたもので、契約期間は60歳までの35年です。契約のきっかけは将来の年金への不安でした。この時は利回りなどはあまり強く意識しておらず、保険年末調整で税金が返ってくるという説明を受けて始めたように思います。

プランの内容はこんな感じ。


保険会社:S友生命

商品名:楽しみ◯番

積立額:毎月1万円

受け取り:60歳での一時金、または10年間での年金受け取り

確定年金タイプ

総払込額:420万円

受取金額:

(一時金)約479万円。

(年金受取)総額 約510万円

返戻率:

 (一時金受け取りの場合)  114%

 (年金として受け取りの場合)  121%



投信に関心を持った今、改めて見てみると、この35年の積み立てってのはなかなかの期間だなぁと感じるようになりました。

なので、この商品についてそのリターンを知りたくなったという所があります。


返戻率について

僕のプランでは一時金で114%です。年金として10年かけて受け取った場合は121%になります。

ネットで最近の個人年金の返礼率を調べてみると、ほとんどが110%を下回っているんですね。その理由は2017年に予定利率が下げられたことにより、貯蓄性のある保険商品の保険料が上げされたようです。

そんな今の状況と比べると、僕のプランはそれほど悪くないのかなという気がしました。

自分のプランの利回りを試算してみることに

自分の保険内容がどれほどのものなのか、目安を知るために、先ずは楽天証券のサイトで一般的な積み立て金額のシュミレーションをしてみることに。

目安として、月1万(年12万円)、年3%のリターン率で投信を35年間積み立てた場合を計算してみることに…その結果、

7,415,637円でした。


うーん。。結構差があるなぁ…


一時金受け取りとその差なんと約263万円。

年金の受け取りでも約230万円の差がありました。

まぁ…個人年金には節税効果もあるし、投信は手数料とかもあるし…

とか言いながらもう一度計算。


僕の個人年金は旧制度のものなので、控除額は所得税から5万円、住民税から35,000円。

僕の年収から所得税の税率は20%。つまり控除される金額は10,000円。

住民税の控除額は35,000円の10%で3,500円。

つまり年末調整で戻ってくる金額は13,500円/年

35年なので13,500円×35年=472,500円

これを上乗せしたら一時金で受け取りは、実質約526万円。


いやいや…全然届かないっス…


これに加えて、投信で保有した場合の管理手数料を加えてもさすがにこの差は埋めれません。


商品の利回りはどれくらいなの?

今度は逆にこの商品の利回りが気になりました。月1万円の積み立て35年で、約59万円のリターンあり。

これも楽天証券のサイトを使って計算すると…

約0.75%/年


35年で節税出来る総額の約47.2万円を利益として足して計算してみると、

年あたりのリターン率  約1.25%/年


なるほど。あとはこの数字をどう見るかということですね。

これだけの長期で積立をするならもう少し利回りが良くあってほしいと思うのが正直なところです。

なので、35年という期間お金を縛る割には利回りは低いかなと感じました。まぁ定期預金に比べたらマシかなって位の感じです。


これくらいの利回りならインデックス投資で、リスクが低いポートフォリオを組んでも超えられることも多いようです。

個人年金のメリット、デメリットについ改めて確認

個人年金のメリットとデメリットをまとめると、主なところはこんな感じ。

(メリット)

・途中解約しなければ元本割れリスクがほとんどない

・保険料控除が受けられる。

・返戻率に基づいて積立金額が増える。

・受け取り金額が確定しているので、老後の資金計画が立てやすい。

(デメリット)

・途中解約で元本割れする

・インフレリスクあり

・他の投資商品より利回りが低い。


解約するか継続するか

今回の結果を受けて、僕はどうするかと言うと、ひとまず継続していこうかなと思いました。

理由は、

iDeCoを始めても今のところ月1万円を払っていくことは出来そう。

・今の時点では解約すると元本割れとなる。

・毎年の保険料控除を考えると、単利で年12.7%を受けていることになる。この数字は悪くないと思う。

・資産におけるリスクの分散ということで、低リスク資産として個人年金保有するのもアリではないかと思う。

・老後の資金計画を考える上で、受け取り金額が確定している資産があることは計画が立てやすくなる。

要するに、まだ余裕があるなら節税にもなるし持っててもいいかなって感じですかね。


まとめ

個人年金は資産をかなりの長期間縛る割にあまり利回りは期待出来ないということ。利回り重視で、もう少しリスクを取っても良いという考えなら他の運用に変えた方が良い。

・商品自体の利回りは低いがその分保険料控除が受けられる。この金額も踏まえて、総合的な利回りを計算し、納得できれば良いと思う。少なくとも定期預金よりはマシなので。

個人年金は、元本割れのリスクは絶対取りたくないけど、定期預金じゃ利率低くて嫌だわって考えの人にとってはいいかもしれないと思う。



以上、個人年金について考えてみました。

にしても最近のプランでは返戻率が悪いですね。保険料も高いのであんまり魅力は感じませんね。

個人年金は申し込み時の契約で最後までいってしまうため、この状況では慌てて契約する必要はなさそうな気がします。まぁ使う予定のないお金があればあればどうぞってくらいですね。

ではまた。