廉之介のブログ

30代でサラリーマンをしながら日々感じることを書いています。

老後にはどれくらいのお金が必要なの?

資産運用をはじめるためにも、まずは目標を立てたいと思います。
そのためには現在自分が置かれている状況を把握しないといけません。

その1つとしてまずは年金について理解しておこうと思い調べてみました。
私は今会社員をしているので、厚生年金に加入している事になります。

年金機構によるとモデル世帯の年金月額は22万円程だそうです。

これは現時点での金額なので、今後さらに減少すると思われます。

仮にこの金額だとしても、ここから色々引かれ、手取りは約1割減だそうです。そうすると手取りとしては約20万円。

 

じゃあ、老後の生活費はいくら必要なのか?

生命保険文化センター「平成28年度 生活保障に関する調査(速報版)」によると

老後の最低日常生活費は22万
ゆとりある老後の生活費は35万

だそうです。

また、実際の家計の支出高齢夫婦世帯では24万円だそう。

うーん…やっぱり足りない…


つまり、年金だけじゃ無理で、この毎月の差額を貯金なり仕事でなんとかするしかないってこと。

ゆとりある生活費とモデル世帯の月額の手取りとの差は約15万円。65歳から90歳までの25年間だと15万円×12ヶ月×25年=4500万円

これは65歳で年金が支給されてからの話なので、60歳から65歳までに仕事をするかしないかなどでも必要な金額は変わってきます。雇用延長しても給料は減少することになると思いますし。

また、参考にした支給金額のモデル世帯は妻が専業主婦という設定なので、現在共働きの我が家とはまた数字が違ってくるとも思います。そのため、あくまで目安として理解しておくことになります。

 

老後について、年金だけでは無理だろうなとはなんとなく分かっていたけど、ざっくりとはいえ数字で見るとなかなかの衝撃でした。
今まで直視しなかった厳しい現実が見えてしまった気がします…
やはり目標としては退職金なしで3000万円位を目指したいところです。